« 残雪 | トップページ | 読者登録 »

2017年5月29日 (月)

商品情報

サンワカンパニー、商品情報管理「PIM」採用 販売チャネル基盤刷新の一環
商品数の増加に伴って商品を管理する業務のスピードが追い付かず、 新商品をスピーディーかつタイムリーに市場投入することが難しくなりつつあり、 今後の事業成長に対するリスクを感じていた。 この課題を解決すべく、 エクサの商品情報管理ソリューション(PIM)を採用したとの (続きを読む)


業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。
共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、値段がつけられないと言われることも多いです。
ただ、車が全く売れないということではないので安心してください。
この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。
そういった業者に相談すると、細かくパーツ分けした査定を行って、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。
プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。
虚偽申告は査定担当者に不信感を持たせますし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。
また本来申告すべき情報を隠す行為は保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。
こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。
雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、ちょっと査定額がアップするという話があるようです。
夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。
そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。
甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

« 残雪 | トップページ | 読者登録 »

趣味」カテゴリの記事